昨年11月に完成引渡しした名越の家の竣工写真が届きました。

構造は1階鉄筋コンクリート造、2階木造。

高低差のある敷地での計画は一度擁壁を作り造成して平坦な土地にする事からスタートする場合と

高低差をそのまま生かして計画する場合があります。それは様々な諸条件・要望などからどちらが

住まい手にとって暮らしやすいのかを検討し決定します。

その結果、今回は高低差を生かした設計に。

自ずと土に触れる部分ができ、そこはコンクリート造に。

また長い時間過ごすリビングは木造に。

自然と構造が決まっいきます。

 


 


 


 


 


 


 


 

 

 

神戸の設計事務所コンテナデザインは、シンプル且つ機能性や住みやすさを兼ね備えた
誰もが居心地イイなと思える家づくりを目指します。
ホームページはこちら→CONTAINER DESIGN web
Facebookページ いいね!を宜しくお願いします→CONTAINER DESIGN Facebook

INSTAGRAM フォローを宜しくお願いしまう→CONTAINER DESIGN INSTAGRAM