1月に完成見学を開催し只今外構工事中の相生の平屋。

見学会に来られた方は体感されたと思いますが大きな屋根に守られた開放感あふれる平屋だったかと思います。

印象的なのはその屋根を支える斜めの柱。通常は木造住宅なので必要な量の壁が現れるはずが、この平屋は壁を極力なくし

その代わりに斜めの柱がその役割を果たしています。

また、その斜めの柱は造作の家具に絡めており違和感なく空間に馴染んでいます。

唯一の壁は壁面棚(オープン収納)となり意匠と構造が一体化し壁の存在を消してくれています。

自然と視線は南北の大開口に行き、大きな屋根に守られた開放感あふれる平屋となりました。


 

 

 

 

 

 

神戸の設計事務所コンテナデザインは、シンプル且つ機能性や住みやすさを兼ね備えた
誰もが居心地イイなと思える家づくりを目指します。
ホームページはこちら→CONTAINER DESIGN web
Facebookページ いいね!を宜しくお願いします→CONTAINER DESIGN Facebook