前回のつづき。

今回は木造と鉄骨造。

鉄と木と緑、とても相性の合う組み合わせの家、庭と繋がる宝塚は売布山手の家。

日常の慌ただしさ、週末はゆったりまったりと過ごしたい。。。そんな想いから家づくりが始まりました。

土地の特性から、一階は週末を過ごす非日常的な場にし二階を日常を暮らす安心できる場と考えた。

非日常の場はカフェのような日常の慌ただしさを忘れさせてくれる楽しめる場に

楽しむ要素としては、好きなインテリアに囲まれるも良し、ここではそれに加えて外(庭)を取り込むことを考え

家の中にいながら外にいるような、外にいながら家の中にいるような、そんな場を求め構造を鉄骨造とし壁のない

空間としました。


 

そんな売布山手の家。

先月になりますが雑誌の取材を受けました。

校正のチェックも進み、もうすぐ書店でお目見えです。

 

 

 

 

 

神戸の設計事務所コンテナデザインは、シンプル且つ機能性や住みやすさを兼ね備えた
誰もが居心地イイなと思える家づくりを目指します。
ホームページはこちら→CONTAINER DESIGN web
Facebookページ いいね!を宜しくお願いします→CONTAINER DESIGN Facebook