container design
NEWS
HERE ARE THE ARCHITECTURAL WORKS DESIGNED BY
CONTAINER DESIGN TAKANOBU KISHIMOTO
IN MANY PARTS OF JAPAN.
南八代町の家
2012年11月29日

姫路城より西へ、南に男山八幡宮の緑を望む北西角地、30坪に満たない敷地である。
敷地に接するふたつの道路は共に2項道路、つまり4m以下の道幅。
角地の為、建蔽率は有利になるが道路斜線は2面に適応され更に最大4mでの計算となる。
出来る限り有効に敷地を使うため境界ギリギリまで建物を計画し所々に小さいながらも中庭を設け、道路斜線の影響を少なくする為平屋っぽく低く屋根が覆いかぶさったような形状をイメージした。
広く明るい家を要望としたクライアント。
覆いかぶさる屋根の下は、リビングから個室までひとつなぎの空間としている。
中庭からは光が入り、視線が家の隅々まで通る。室内の仕上には構造材やモルタルと言った荒々しい素材感のものを採用。その為、室内に入った光は柔らかく反射し適度の明るさに保ってくれる。
荒々しい中にも優しさを感じれる空間となった。


■建築地   :兵庫県姫路市
■用途     :住宅
■構造・規模 :木造2階建て
■敷地面積 : 92.76 m2
■建築面積  : 63.76 m2
■延べ床面積: 78.22 m2
■1階床面積 : 63.32 m2
■2階床面積 : 14.90 m2
■撮影    :冨田英次