container design
BLOG
HERE ARE THE ARCHITECTURAL WORKS DESIGNED BY
CONTAINER DESIGN TAKANOBU KISHIMOTO
IN MANY PARTS OF JAPAN.
歯科医院の設計
2020年08月17日

少し前のblogで紹介した歯科医院の竣工写真データが届きました。

はじめての歯科医院の設計でしたが、やはり今まで住宅設計をしてきたスケール感と言うものが

役に立ったかなっと実感できました。

住宅以外の建築ってどうしても必要なスペースが固定されてきます。

歯科医院であれば施術チェアとその周りのスペース、待ち合い室の人数に対してのスペースなどなど

それぞれを組み合わせるとどうしても大きな面積になってきます。

大きな面積はどうしてもコストアップにつながりがち(すべてではありませんが。。。)

これまで住宅設計に関わり住宅スケール(人とモノ、人と人)が人それぞれあり幾度の打合せと対話を重ねそれを導きだすのですが

多くはそこに引き算が必要になります。あれもこれもと足し算が当たり前の住宅ですが、あれはこれにこれはあれにと引き算作業が

心地イイ豊かな空間(動線が短く使いやすい暮らしやすい空間)になるのではと思います。

今回の歯科医院の設計で全くそれができるかと言うと前述にもあるように難しい場面もありましたが

ある程度の引き算がここでもできたかと思います。

より使いやすく、より心地よく

最初に御要望でいただいた言葉

緊張感が和らぐよう陽が入り明るく木を使って優しいイメージに。。。

 

神戸の設計事務所コンテナデザインは、シンプル且つ機能性や住みやすさを兼ね備えた
誰もが居心地イイなと思える家づくりを目指します。
ホームページはこちら→CONTAINER DESIGN web
Facebookページ いいね!を宜しくお願いします→CONTAINER DESIGN Facebook

INSTAGRAM フォローを宜しくお願いします→CONTAINER DESIGN INSTAGRAM