container design
NEWS
HERE ARE THE ARCHITECTURAL WORKS DESIGNED BY
CONTAINER DESIGN TAKANOBU KISHIMOTO
IN MANY PARTS OF JAPAN.
継の家
2014年01月08日

敷地は兵庫県姫路市。木造2階建てのリノベーションである。
家族の成長と共に間取りがライフスタイルに合わなくなっていく。
これは長年暮らしていく中で必然的に起こり得る出来事。
この家の住まい手もそうである。
今の家では南東の角に位置する部屋しか陽が当たらず、そこはとても居心地が
いいが、肝心のリビングがそうではない。週末や休みの際には巣立っていった家族が
遊びに来る。そんな時、リビングが明るくて居心地のいい空間になったら・・・
クライアントの願いであった。
築何十年となる木造建築、屋根は瓦葺。耐力壁となる壁は出来る限り現状を維持し柱梁もそのまま残したい所だ、そうなると現状の間取りのまま、如何に光を取り入れ空間にゆとりを持たせるかが問題になってくる。
視覚的に広がりを持たせるため、取り除ける間仕切り壁はガラスに入れ替え、2階のスペースは余裕が有るため必要のないスペースは1階と繋がる吹抜に。その際、柱梁はそのままとし必要な補強材を足しつつ全てを白く塗装を施した。大屋根に架かる丸太梁はそのまま現しとした。そうする事によって構造材にメリハリがでて白く塗装した柱梁が壁や天井の白色に溶け込み存在感が薄れる。
構造となる柱梁・耐力壁の位置や窓の位置をそのままに保ちながら明るく居心地のいい空間をここに考えた。


■建築地  :兵庫県姫路市
■用途   :住宅(リノベーション)
■構造・規模:木造2階建て
■敷地面積 :—— m2
■延べ床面積:179.00 m2
■1階床面積 :132.51 m2
■2階床面積 : 46.49 m2
■撮影   :冨田英次