container design
NEWS
HERE ARE THE ARCHITECTURAL WORKS DESIGNED BY
CONTAINER DESIGN TAKANOBU KISHIMOTO
IN MANY PARTS OF JAPAN.
銀黒屋根の家
2015年05月21日

実家の敷地内を住処としたクライアント。敷地は大阪府泉佐野市、東には佐野川を望む。
敷地は道路より1mほどさがり、その高低差と実家との距離感をクライアントは気にしていた。
車のアプローチ、また御主人の趣味であるバイクや自転車などがスムーズにアプローチできるよう
玄関と駐車場は道路レベルに合わせるよう考えた、また家はレベルを上げてしまうと川との高さがでて
しまう、せっかくの立地を生かすため現況の地盤レベルから計画する事とした。
そうすると嵩上げした駐車場が実家との間に高低差を生み、お互いの視線のズレを作り、また玄関から
東を向き階段を数段下りて家の中へアプローチするため、川の土手を下りて行くイメージを彷彿させてくれる。
家は南北に長く川と平行するように計画した。川側には大きな開口を設け、幅いっぱいの縁側を計画した。
リビングから大開口を通して縁側へと続く、クライアントのもう一つの要望である「広々としたリビング」となった。
また、東へ向けての大きな片流れの屋根の軒先は縁側からの高さを1500に抑え、視線を川の方へ自然と導く操作としている。
道路の高さや川との関係を生活の自然な動きから高さ関係を導き、それが実家との程良い距離感を作り高低差を気にせず
暮らせる家となった。


■建築地  :大阪府泉佐野市
■用途   :住宅
■構造・規模:木造2階建て
■敷地面積 :204.14 m2
■建築面積 :114.13 m2
■延べ床面積:114.33 m2
■1階床面積 : 81.14 m2
■2階床面積 : 33.19 m2
■撮影   :冨田英次