container design
HERE ARE THE ARCHITECTURAL WORKS DESIGNED BY
CONTAINER DESIGN TAKANOBU KISHIMOTO
IN MANY PARTS OF JAPAN.
旗竿地に建つ平屋
2020年01月20日

芦屋の住宅地内に平屋の住宅が竣工しました。

今から何十年と前はゆったりとした住宅地だったものの

世代交代の流れからか、ひとつの敷地を分割し何区画にも分けて家が建ち並ぶ

住宅密集地へと変わりつつある。

芦屋の駅から住宅地の間の細い道をジグザグに右へ左へ曲がりながら敷地へ着くと

旗竿地がある、竿部分は共有の私道。そこを曲がり入ると約60坪の敷地がある。

四周住宅に挟まれた敷地には昔の御屋敷が建ち、一見すると薄暗い。

ここに光を差し込み明るい住まいを考える。

道中のジグザグにヒントをもらい、平屋の屋根にジグザグのスリットをいれ

日中の太陽の陽の入り(差し込み)を楽しめる家を考えた。

この細い道を入って行くと敷地

近所なんで自転車で行けるっなんて思ってたらこの現調のみ。

敷地の中がどうなってるのか全くわからない

解体が進むにつれて徐々に。。。

外構はこれから造園屋さんに入ってもらって。

緑が入るとまた雰囲気がガラっと変わるので外構完成が楽しみ。

神戸の設計事務所コンテナデザインは、シンプル且つ機能性や住みやすさを兼ね備えた
誰もが居心地イイなと思える家づくりを目指します。
ホームページはこちら→CONTAINER DESIGN web
Facebookページ いいね!を宜しくお願いします→CONTAINER DESIGN Facebook

INSTAGRAM フォローを宜しくお願いします→CONTAINER DESIGN INSTAGRAM

新年のご挨拶
2020年01月16日

2020年

1/6より始動いたしましたが、開始早々インフルエンザにかかると言う。。。

みなさまへのご挨拶が遅くなってしまった。そして早々に御迷惑をお掛けしてしまった。

と言うスタート。ここから全開で一年をまた突っ走ろうと思いますので宜しくお願いいたします。

昨年もいろいろと家づくりに携わらせていただき、事務所併用住宅やカフェ併用、まだ公表は

できませんがとある会社の社屋の設計がスタートするなど、住宅以外のお手伝いもさせていただきました。

今年はどんな家づくりが待っているのか楽しみです。

さて、なかなかホームページの動きが。。。(インスタは頑張っているのですが。。。)

と久しぶりにブログ、WORKSを更新しました。

WORKSは奈良の木造2階建て、なかなかの斜面地に建っていますが、少しだけ平坦な部分があったので

そこを狙って斜面を生かした設計になっているかと。。。

よくイベントなどで、木を上手く使ってナチュラルな家を設計されていますって

紹介されることが多いのですが、特にそこを意識している訳ではないんですよぉ

なんて心で思いつつ笑顔でご挨拶。

神戸の設計事務所コンテナデザインは、シンプル且つ機能性や住みやすさを兼ね備えた
誰もが居心地イイなと思える家づくりを目指します。
ホームページはこちら→CONTAINER DESIGN web
Facebookページ いいね!を宜しくお願いします→CONTAINER DESIGN Facebook

INSTAGRAM フォローを宜しくお願いします→CONTAINER DESIGN INSTAGRAM

小瀬町の家
2020年01月16日


■建築地  :奈良県
■用途   :住宅
■構造・規模:木造2階建て
■敷地面積 :369.00 m2
■建築面積 : 76.18 m2
■延べ床面積:122.57 m2
■1階床面積 : 60.29 m2
■2階床面積 : 62.28 m2
■外壁   :窯業系サイディング(大壁工法)の上アクリル樹脂系塗材
■屋根   :ガルバリウム鋼鈑
■内部床  :タイル貼
■内部壁  :クロス貼
■内部天井 :クロス貼
■浴室   :FRP防水(造作)
■キッチン :造作キッチン(KOBE STYLE)
■撮影   :冨田英次