container design
NEWS
HERE ARE THE ARCHITECTURAL WORKS DESIGNED BY
CONTAINER DESIGN TAKANOBU KISHIMOTO
IN MANY PARTS OF JAPAN.
切通の平屋
2011年08月23日

岐阜県岐阜市に建つ平屋。クライアントは夫婦と子一人。南側のマンションによる日当たりを気にされていた。要望は、夫婦共の趣味である”本を読む 事”どこでも本を読みたい。このような条件のもと、計画を進めていった。まず本を読むスペースを、ある程度の閉じた空間とイメージする。その空間単位は間 口1820mmとし連続する事を考えた。またこの単位に類似し生活の要素、水廻りや収納といったモノも、この閉じた空間単位(コア)としてとらえ配置して いく。東西のコアは周囲に対して開けた”表”パブリックな部分と個に入る”裏”プライベートな部分をつくる。南北のコアはそれぞれの用途間での変化の役割 を果たす。その東西南北に配列されたコアの上に大きな段屋根を架ける。するとコア以外の部分が自然と外と繋がり、コアの上部にもロフトとなる空間がうまれ る。このロフトもまた本を読むためのスペースとなる。段屋根としたのは分節された”裏”の部分に上部のロフトを介して南の光を入れるため。建物の配置は南 側のマンションから日当たりを確保するため北側につめて配置。南に広い庭を確保した。


■建築地   :岐阜県岐阜市
■用途    :住宅
■構造・規模 :木造平屋建て
■敷地面積  :193.96 m2
■建築面積  : 88.18 m2
■延べ床面積 : 97.09 m2
■1階床面積  : 75.76 m2
■ロフト階床面積 : 21.33 m2
■撮影    :冨田英次